世界の有機ELディスプレイの製造と材料の動向と今後の予測


 

★本格的に動き始めた有機ELディスプレイ業界の製造・材料の動向を理解する!
★有機ELの世界を牽引する韓国産業界と、
 その背中を追う中国・台湾・日本の動向や戦略を知ることで今後の開発に役立ちます。

世界の有機ELディスプレイの
製造と材料の動向と今後の予測

講師

分析工房株式会社 照明・ディスプレイ事業部 シニアパートナー 服部寿 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■ご略歴:
 京都大学工学部にて修士課程卒業。英Aston Universityにおいて流体工学分野でPhDを取得後、コマツの生産技術研究所・産業機械事業部、東京エレクトロンの半導体製造装置部門、KLA-Tencorの半導体の光学検査装置部門などで、技術・営業・マーケティング・事業管理職で勤務。

 経済産業省・機械振興協会の委託で固体素子照明開発において先行している海外の国家プロジェクトや企業動向・開発戦略の調査を2007年から行い、最新のLEDや有機ELなどの照明デバイス、照明器具の海外市場・標準化・開発・特許の現状と将来展望に関する内容を調査し、各種セミナーなどで発表し、調査報告書などを出版している。 

 2009年から2010年にかけて独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のプロジェクトで、照明の環境面を評価する照明学会の「サステイナブル照明システム委員会」幹事を務め、現在はLED照明事業開発・有機EL照明事業開発・有機ELディスプレイ事業開発などの分野のコンサルタントを行っている。 

 2011年には、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構の「次世代照明等の実現に向けた窒化物半導体等基盤技術開発/次世代高効率・高品質照明の基盤技術開発」の中間・事後評価分科会委員を務める。

 2010年から、中国政府の建設部・清華大学・吉林省・青島市などのコンサルタントを有機EL照明産業育成と投資・技術・企業誘致に関して務める。

 LEDと有機EL照明の材料開発・事業企画・販売企画に関する日本企業と日本政府関係機関のコンサルティングを年間に10件から20件程度行う。

 中国と台湾から、有機EL材料・有機太陽電池の材料・中間原料の輸入販売や、日本有機EL材料企業の中国での製造委託支援を行う。

 中国企業への有機EL製造装置機器の輸出販売を行う。

 照明学会会員。

■専門および得意な分野・研究:
 有機EL、LED、半導体

■本テーマ関連学協会での活動:
 照明学会

→このセミナーを知人に紹介する 

<その他関連セミナー>

12月14日 バリアフィルムの基礎・最新開発動向から高性能化、評価方法まで~開発で知っておきたい知識と、産総研の最新の取り組み~

日時・会場・受講料

●日時 2016年12月15日(木) 12:30-16:30
※会場が変更となりました。
●会場 [東京・京急蒲田]大田区産業プラザ(PiO) → [東京・大井町]きゅりあん4階第2特別講習室
→「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名41,040円(税込(消費税8%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,240円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

●録音・撮影行為は固くお断り致します。
●講義中のパソコン・携帯電話の使用はご遠慮下さい。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ → 

セミナーポイント

■はじめに
 有機ELディスプレイのパネル・材料・部材・製造装置メーカ向けに、有機ELディスプレイの製造と材料の動向と、課題、今後の予測を解説する。 

■ご講演中のキーワード:
 有機ELディスプレイ
 OLED
 パネル
 材料
 部材
 製造装置
 市場
 サムスン
 LG

■受講対象者:
 ・有機ELの材料・部材・製造の研究開発を始めたばかりの方から、ある程度の研究経験を経た方。
 ・業務に活かすため、有機ELについての知見を得たいと考えている方
 ・有機EL部材の開発に取り組んでいるが、将来のトレンドが判らなくて困っている方
 ・本テーマに興味のある方なら、どなたでも受講可能です。

■必要な予備知識:
 ・高校卒業レベルの化学・電気・光学の知識。

■本セミナーで習得できること:
 ・有機ELディスプレイの基礎知識
 ・有機ELディスプレイ製造のノウハウ 
 ・有機ELディスプレイのビジネスの世界動向

セミナー内容


1. 有機ELディスプレイパネルのアプリケーション、
  市場規模予測、投資

 1)有機ELディスプレイ全体動向
 2)スマートフォン向けの市場 
 3)自動車向けの市場 
 4)テレビ向けの市場

2. 韓国産業界の動向、開発戦略、開発課題
 1) 韓国メーカ製品のアプリケーションと仕様 
 2) 韓国政府の産業振興策
 3) 小型と中型AMOLEDパネルのプロセス装置と材料
  3-1. 基板材料とLLOプロセス ・製造装置
  3-2. 封止技術と材料・プロセス
  3-3. TFTのプロセス
  3-4. 有機ELプロセスと材料・製造装置・開発動向
  3-5. 透明電極の課題と開発動向
  3-6. タッチパネル・カバーの開発動向
  3-7. 検査・リペア装置
 4) 大型WOLEDパネルのプロセス装置と材料
 
3.中国・台湾の産業界の市場動向、開発戦略、開発動向と課題
 1) 中国政府の産業振興策
 2) 企業の動向

4. 日本の産業界の課題と戦略

セミナー番号:AC161235

top

 

セミナー番号:AC161235