有機ELディスプレイの市場、 技術開発、サプライチェーンとフォルダブルの動向


■ 講師

講師:分析工房(株) 照明事業部 シニアパートナー 服部 寿 氏

 

■ 開催要領

日 時 :

平成29年5月12日(金) 10:30~16:30

 

会 場 : [東京・五反田] 技術情報協会 セミナールーム

聴講料 :

1名につき 50,000円(消費税抜、昼食・資料付)

〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき45,000円〕

 

〔大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。詳しくは上部の「アカデミック価格」をご覧下さい〕

 

■ プログラム

【習得できる知識】

・有機ELディスプレイの材料、フィルム、製造装置の動向。

・有機ELディスプレイ関連分野への参入や事業企画のための、最新産業動向と予測。

 

【講座の趣旨】

ディスプレイは液晶からフレキシブル有機ELパネルに急速に置き換わりつつあり、小型・中型パネルと大型パネルの開発目標、韓国・中国などでの投資動向、技術課題、折れ曲げ型のスマートフォンや大型有機ELテレビなどのアプリケーションの動向、韓国・中国・台湾・欧米・日本での企業のプロジェクトや製品の最新情報を解説する。さらに、今後のフレキシブル化の進行のための、課題や材料・プロセス開発状況・サプライチェーンについてもパネルのアプリケーション別に解説する。

 

 

1.有機ELディスプレイの特長と市場

 1-1 有機ELディスプレイの産業動向

 1-2 スマートフォン向けなどの小型・中型ディスプレイの動向

 1-3 自動車向けの小型ディスプレイの動向

 1-4 テレビ向けなどの大型ディスプレイの動向

 

2.サムスンディスプレイの小型ディスプレイの生産プロセス/材料/製造装置/サプライチェーン

 2-1 基板・LLOのプロセスと装置

 2-2 封止プロセスとバリアフィルム

 2-3 TFTプロセスと装置

 2-4 OLED工程の材料・ドライプロセス・溶液プロセス・装置

 2-5 透明電極材料

 

3.LGディスプレイの大型ディスプレイの生産プロセス/材料/製造装置/サプライチェーン

 

4.中国・台湾の有機EL産業・企業動向

 

5.欧米・日本の有機EL産業・企業動向