← 最新の有機EL関連のニュースは左のリンクからお選び下さい。


世界有機ELディスプレイ製造装置・材料産業年鑑2018、5月に発刊

世界有機ELディスプレイ製造装置・材料産業年鑑2018、の販売を開始しました。2018年5月26日に発刊です!! 

     

・調査報告書の特長

 好評を頂きました「世界有機ELディスプレイ製造装置・材料年鑑」の2018年版を発刊致します。

 書籍版(モノクロ)に加えて、PDF版(カラー)とのセット版もご提供。

 本書では有機ELディスプレイの材料・製造装置の主要メーカの動向に主眼を置いてまとめております。

 

・調査報告書概要

 材料については、インクジェット向け材料、TADF、量子ドットなど今後期待される発光材料への取り組み状況について詳しく取り上げています。さらにポリイミド樹脂をはじめとする共通材料の企業動向もまとめています。製造装置では、露光措置、蒸着装置、インクジェット装置、LLO装置から検査装置まで主要装置メーカの動向を集約しています。

 またパネルメーカの工場・投資やフォーダブルパネルなどの最新技術動向、市場を含む産業全体の動向もまとめており、有機EL産業界全体も把握できる内容となっております。

 

【調査】 分析工房株式会社

【編集・販売】 グローバルネット株式会社

  ◇書籍版 定価:38,000円(税別)

  ●A4版・モノクロ ●136ページ 

------------------------------------------------

 ◇セット版 定価:58,000円(税別)

 (書籍+カラーPDFデータ)

 *PDFデータはメールにてダウンロードリンクをお送りいたします。

 

詳細やご購入に関しましては、下記のグローバルネットのページよりお申し込み下さい。

http://www.global-net.co.jp/publication/ledel/983-oledequipment2018.html

 


【目次】

第1章 有機ELディスプレイパネル産業の全体動向

 1-1. 小型パネルの産業動向

 1-2. 大型パネルの産業動向

 1-3. 自動車向けの有機ELパネルの産業動向

 1-4. 有機ELパネルの市場動向と競合技術

第2章 有機ELディスプレイパネルメーカ

 2-1. サムスンディスプレイ

 2-2. LGディスプレイ

 2-3. BOE

 2-4. Visionox

 2-5. JOLED

 2-6. シャープ

 2-7. CSOT

第3章 有機EL材料メーカ

 3-1. 全体動向

 3-2. UDC

 3-3. 出光興産

 3-4. Merck

 3-5. Kyulux

 3-6. Cynora

 3−7.ダウデュポン

 3−8.住友化学

 3-9. 三菱ケミカル

 3-10. フラスク

 

 3-11. 吉林OLED

 

第4章 有機EL製造装置メーカ 

 4-1. 全体動向

 4-2. キヤノントッキ

 4-3. ニコン

 4-4. Kateeva

 4-5. アプライドマテリアルズ

 4-6. ブイ・テクノロジー

 4-7. Philoptics

 4-8. エスケーエレクトロニクス

 4-9. 中外炉工業

 4-10. SCREENホールディングス

 4-11. 三菱電機

 4-12. HLイルジャ

第5章 有機ELパネル材料・部材メーカ

 5-1. コーロンインダストリー

 5-2. SKCコーロンPI

 5-3. ダウデュポン

 5-4. 宇部興産

 5-5. Momentive

 5-6. 3M

 

 5-7. 東洋紡



【New】「世界有機ELディスプレイ産業年鑑2018」を2017年11月30日に発刊

2016年12月に発刊しました前刊は、既に150社以上にご購入いただきました。
このたび、世界有機ELディスプレイ産業年鑑2018を発刊いたしました。

 

・調査報告書の特長

 大好評の2016年版、2017年版に引き続き、2018年版を発刊!

 書籍版(モノクロ)に加えて、PDF版(カラー)とのセット版もご提供。

 液晶からの移行で投資が本格化する有機ELディスプレイ市場の動向を追跡!

  

・調査報告書概要

 スマートフォンやPC、テレビ、自動車にVR機器と、有機ELディスプレイの採用が本格化している。

 スマートフォンにおいては、ベゼルを最小化したフルスクリーン型がトレンドとなっており、更に折りたたみ型の実現も近付いてきた。

 本産業年鑑は、有機ELディスプレイパネルのみならず、材料・製造装置などの主要動向を網羅した。韓国以外に中国・台湾・欧米・日本の企業別動向等もまとめており、タイムリーな情報が満載の1冊。

 

【調査】 分析工房株式会社 【編集・販売】 グローバルネット株式会社

 

 ◇書籍版 定価:38,000円(税別) ●A4版・モノクロ ●127ページ 

 ◇書籍+カラーPDFのセット版 定価:58,000円(税別)*PDFデータはメールにてダウンロードリンクをお送りいたします。

 

詳細と購入申し込みは下記までお願します。
http://www.global-net.co.jp/publication/ledel/875-oleddp2018.html

 

目次

第1章 有機ELディスプレイパネルのアプリケーション、市場規模予測、投資

1-1. 有機ELディスプレイ産業の全体動向

1-2. 中小型ディスプレイパネルの動向

1-3. 大型ディスプレイパネルの動向

1-4. 自動車向けディスプレイパネルの動向

1-5. マイクロディスプレイパネルの動向

第2章 韓国産業界の動向、開発戦略、開発課題

2-1. 小型・中型AMOLEDパネルのプロセス装置と材料

 2-1-1. 有機EL材料

 2-1-2. 有機EL蒸着装置と蒸着源

 2-1-3. 蒸着用メタルマスク

 2-1-4. 電極材料

 2-1-5. 封止

 2-1-6. タッチパネルと偏光フィルム

 2-1-7. 粘着剤・接着フィルム

 2-1-8. カバーウィンドウ

2-2. 大型有機ELパネルのディスプレイ構造と材料

 2-2-1. トップエミッション

 2-2-2. インクジェット印刷装置と発光材料

 2-2-3. 透明ディスプレイ

第3章 中国産業界の市場動向、開発戦略、開発課題

3-1. BOE

3-3. Visionox

3-4. EDO(上海和輝光電)

3-5. Royole

3-6. CSOT

3-7. 天馬

3-8. Truly(信利光電)

第4章 台湾産業界の動向、開発戦略、開発課題

4-1. AUO

4-2. ホンハイ/シャープ 

4-3. Innolux

4-4. アップル生産研究所

第5章 欧米産業界の動向、開発戦略、開発課題

5-1. Fraunhofer

5-2. サイノラ(Cynora)

5-3. Novaled

第6章 日本の産業界の課題と戦略

6-1. ジャパンディスプレイ

6-2. JOLED

6-3. 住友化学

6-4. 出光興産

6-5. 新日鉄住金化学

6-6. 三菱ケミカル

 6-7. SCREENホールディングス

OLED 有機EL BOE CSOT サムスン LG ディスプレイ 天馬 JOLED シャープ キャノン カティーバ AMAT EDO TSL レポート セミナー コンサルティング HATCN ポリイミド 蒸着 インクジェット キュア 燐光 蛍光 ドーパント ホスト 材料 HTL ETL スタック ワニス タッチパネル 接着 カバーウインドウ フォーダブル スマートフォン

世界有機ELディスプレイ製造装置・材料産業年鑑2017、を2017年5月に発刊

世界有機ELディスプレイ製造装置・材料産業年鑑2017、の販売を開始しました。

急拡大する有機ELディスプレイ業界。製造装置・材料メーカをリサーチ!


2017年5月30日に発刊します!! 
     
・調査報告書の特長
 大好評で100社以上で購入いただいた「世界有機ELディスプレイ産業年鑑2017」に引き続き、
 今度は製造装置・材料業界とサプライチェーンを中心とした本書を発刊します!
 書籍版(モノクロ)に加えて、PDF版(カラー)とのセット版もご提供。
 液晶からの移行で投資が本格化する有機ELディスプレイ市場の動向を追跡!
・調査報告書概要
 スマートフォンやPC、テレビ、自動車にVR機器と、有機ELディスプレイの採用が本格化している。
 今後は折り畳み型、巻き込み型ディスプレイの製品化が見込まれており、開発も進んできた。
 本産業年鑑は、有機ELディスプレイにおいて製造装置・材料の主要メーカの動向をまとめた。
 またパネルメーカの動向、全体の市場動向も併せて収録している。メーカ毎の動向が網羅された1冊。

【調査】 分析工房株式会社
【編集・販売】 グローバルネット株式会社

◇書籍版 定価:38,000円(税別)
 ●A4版・モノクロ ●124ページ 
------------------------------------------------
◇セット版 定価:58,000円(税別)
(書籍+カラーPDFデータ)
*PDFデータはメールにてダウンロードリンクをお送りいたします。

詳細やご購入に関しましては、下記のページよりお申し込み下さい。
http://www.global-net.co.jp/publication/ledel/764-oledequipment2017.html

目次
第1章 有機ELディスプレイパネル産業の全体動向
 1-1. 韓国の小型パネルの産業動向
 1-2. 韓国の大型パネルの産業動向
 1-3. 自動車向けの有機ELパネルの産業動向
 1-4. 台湾と中国の有機ELパネルの産業動向
 1-5. 全体の市場動向
第2章 有機ELディスプレイパネルメーカ
 2-1. サムスンディスプレイ
 2-2. LGディスプレイ
 2-3. BOE
 2-4. Visionox
 2-5. JOLED
 2-6. シャープ
 2-7. AUO
 2-8. Royole
 2-9. その他のメーカ(EDO、CSOT、天馬、Truly)
第3章 有機EL材料メーカ
 3-1. 全体動向
 3-2. UDC
 3-3. 出光興産
 3-4. 保土谷化学工業
 3-5. Merck
 3-6. Dupont
 3-7. Kyulux
 3-8. Cynora
 3-9. 吉林OLED
第4章 有機EL製造装置メーカ 
 4-1. 全体動向
 4-2. キヤノントッキ
 4-3. APシステム
 4-4. Kateeva
 4-5. SFA
 4-6. ビアトロン
 4-7. Jusung Engineering
 4-8. HBテクノロジー
 4-9. その他のメーカ(YAS、WONIK IPS、テス、IDC、INVENIA、Youngwoo dsp、VESSEL)
第5章 有機ELパネル材料・部材メーカ
 5-1. i-components
 5-2. SKCコーロンPI
 5-3. イノックス
 5-4. 東レ
 5-5. KOLON Industries
 5-6. ウェーブエレクトロニクス
 5-7. 住友化学
 5-8. 三菱化学
 5-9. その他のメーカ(イグゼックス、東ソー、MOMENTIVE、ヘンケル)


世界有機ELディスプレイ産業年鑑2017、2016年12月に発刊

2016年4月に発刊しました前刊は、既に100社以上にご購入いただきました。
このたび、世界有機ELディスプレイ産業年鑑2017を発刊いたしました。

・調査報告書概要
スマートフォンやPC、テレビ、自動車にVR機器と、有機ELディスプレイの採用が本格化している。今後は折り畳み型、巻き込み型ディスプレイの製品化が見込まれており、開発も進んできた。本産業年鑑は、有機ELディスプレイ・材料・製造装置などの主要メーカの動向をまとめた。韓国・中国政府などの産業振興策等、タイムリーな海外情報も満載の1冊。

・調査報告書の特長
大好評の2016年版に引き続き、急遽2017年版を発刊!
書籍版(モノクロ)に加えて、PDF版(カラー)とのセット版もご提供。
液晶からの移行で投資が本格化する有機ELディスプレイ市場の動向を追跡!

【調査】 分析工房株式会社 
【編集・販売】 グローバルネット株式会社

◇書籍版 定価:38,000円(税別)
●A4版・モノクロ ●122ページ 
------------------------------------------------
◇セット版 定価:58,000円(税別)
(書籍版+PDF版(カラー)データ)
*PDFデータはメールにてダウンロードリンクをお送りいたします。

詳細と購入申し込みは下記までお願します。
http://www.global-net.co.jp/publication/ledel/683-oleddp2017.html

【目次】
第1章 有機ELディスプレイパネルのアプリケーション、市場規模予測、投資
1-1. 中小型ディスプレイパネルの動向
1-2. 大型ディスプレイパネルの動向
1-3. 自動車向けディスプレイパネルの動向
1-4. マイクロディスプレイパネルの動向
1-5. 有機ELディスプレイパネルの世界市場動向

第2章 韓国産業界の動向、開発戦略、製造プロセス、材料
2-1. 韓国政府の産業振興策
2-2. サムスンディスプレイ
 2-2-1. 企業戦略
 2-2-2. 小型と中型AMOLEDパネルのプロセス装置と材料
  2-2-2-1. プラスチック基板形成と熱処理
  2-2-2-2. TFTと有機EL層
  2-2-2-3. 封止
  2-2-2-4. レーザーリフトオフ(LLO)
  2-2-2-5. カバーウィンドウ
2-3. LGディスプレイ
 2-3-1. 企業戦略
 2-3-2. 大型WOLED有機ELパネルのプロセス装置と材料
  2-3-2-1. 有機ELの構造と材料
  2-3-2-2. 有機ELテレビでの光学フィルム

第3章 中国産業界の市場動向、開発戦略、開発課題
3-1. 政府と産業界の動向
3-2. BOE
3-3. Visionox
3-4. EDO
3-5. Royole
3-6. CSOT
3-7. 天馬
3-8. Truly(信利光電)

第4章 台湾産業界の動向、開発戦略、開発課題
4-1. AUO
4-2. ホンハイ/シャープ 
4-3. アップル生産研究所

第5章 欧米産業界の動向、開発戦略、開発課題
5-1. CYNORA
5-2. メルク
5-3. UDC

第6章 日本の産業界の課題と戦略
6-1. ジャパンディスプレイ/JOLED
6-2. 出光興産
6-3. キューラックス
6-4. 住友化学
6-5. 三菱ガス化学
6-6. 東ソー