DOW Chemical, foldable OLED用インクジェットOCRについて発表


2022年11月10日 UBIリサーチ

 

2022年11月9日にソウルで開かれたUBIリサーチの「2022年下半期OLED決算セミナー」でDow Chemicalは、フォールド可能なOLEDに使用可能なシリコン素材のinkjet printable OCR(透明接着剤)を紹介した。

 

一般的にOCRはリジッドOLEDに、透明テープ(OCA)はflexible OLEDとfoldable OLEDに主に使用されているが、最近ではホールデザインが適用されたrigid OLEDにはOCAが使用されており、OCRをfoldable OLEDに使用しようとする開発も進められている。

 

DOW Chemicalは、OCRがエッジ付近の形状が滑らかでない場合があり、基板によって特性が大きく左右される側面があるが、OCAをOCRに置き換えることで工程が減り、生産性が拡大できると明らかにした。また、容量調整により、厚さ10μmの薄膜形成が可能であり、OCAは、厳しい段差を克服できるという利点があると述べた。

 

現在、商用化されているflexible OLEDとfoldable OLEDに使われているOCAの素材としては、主にアクリル系が多く使われている。DOW Chemicalはシリコン系のOCRは温度変化にも粘度変化や特性変化が少なく極限の環境でも信頼性を維持できるため、今後の適用範囲がさらに広がると期待して発表を終えた。