IT用OLED、年平均39%の成長率で2027年には4,880万台出荷


2022/10/27 UBIリサーチ

 

UBIリサーチが最近に発刊した「2022中大型OLEDディスプレイ半期レポート」によると、今後tablet PCとmonitor、notebookなどのIT用OLED出荷量が2022年950万台から年平均39%の成長率で2027年には4880万台に達すると予測した。

 

レポートによると、2024年までにIT用OLED市場はnotebook用が主導するものと見られ、2024年から本格的にtablet PC用OLEDが大量生産に突入し、2025年からはtabletPC用とnotebook用OLEDが市場をリードするものと予想される。

 

また、AppleがiPadシリーズの一部にOLED採用を計画し、韓国と中国パネル企業のIT用OLEDライン投資が予想される。 サムスンディスプレイとLGディスプレイ、BOEは新規で8.7世代ライン投資を計画しており、最近はVisionoxが第6世代ラインであるV3ラインにR&D用にアプライドマテリアルズの縦型蒸着方式を発注したことが調査された。

 

8.7世代ライン投資はサムスンディスプレイとLGディスプレイが中国パネル企業より早いと予想され、BOEとVisionoxは韓国企業の投資以後に投資を進めるものと予想される。

 

 

Visionoxが発注した垂直蒸着装置の内容、Source:Chinabidding.com
Visionoxが発注した垂直蒸着装置の内容、Source:Chinabidding.com