韓国のMaterialScienceの有機EL材料の新工場が完成し、量産を開始


2024.01.26  CINNOリサーチ

 

Material Scienceの有機EL(OLED)材料の新工場が竣工し、量産を開始する予定です。国内外のディスプレイパネル顧客を確保し、材料供給量を拡大することにより、2030年までに韓国ウォンで2000億ウォン(約200億円)の売上目標を達成する計画です。

 

韓国の報道によれば、Material Science社は1月24日、韓国の京畿道華城市西辛面全谷里にあるOLED材料工場を完成させました。以前は忠清北道阴城でOLED材料工場を賃借しており、精製などの一部のプロセスしか行っていませんでしたが、華城工場において合成設備の投資を完了したことで、Material Science社は独自に大量のOLED材料を生産できるようになりました。工場は、合成ビル、精製ビル、危険物倉庫などの5つの建物から成り、3階建ての建築物を持っています。合成の生産能力は、OLED発光材料の基準で月に20トンの規模です。

 

この工場では、Material Science社はOLEDの青色発光層(EML)および他の共通層材料であるホール輸送層(HTL)と電子輸送層(ETL)を生産しています。OLEDは、発光層、電子およびホールの移動共通層などで構成されたパネルです。Material Science社は、青色発光層と共通層材料を量産し、これを国内外のパネルメーカーに供給します。

 

 

Material Science社は2014年に設立されたOLED材料企業です。大企業やグローバル企業を中心としたOLED材料市場で、このリスクを冒し挑戦を始め、業界の注目を集めています。特に厳しい要件を求められる青色発光材料の開発において独自の技術を確立し、業界の注目と投資を受けました。しかし、Material Science社は青色のドーピング材料の研究開発を進めた後、海外投資の撤退などの理由から浮き沈みを経験しました。今日、会社は再び組織し、投資を強化し、再起を果たしています。 華城工場はその新たなスタートの中核となります。 会社は量産体制を確保し、供給を実現し、再び機会をつかむ決意です。

 

OLEDの適用は、従来のスマートフォンやテレビから、ノートパソコンやタブレットなどのIT製品、さらには車載製品まで拡大しています。そのため、材料の需要は急速に増加しています。市場調査会社UB Researchのデータによれば、OLED発光材料市場は昨年の18.4億ドルから2028年には24.3億ドルに達し、年平均で5.8%成長すると予測されています。

 

Material Science社はまた、華城工場にスマートファクトリーシステムを導入し、生産と物流プロセスを統合することで運用効率を向上させます。独自のシステムはOLED材料の主要なプロセスである昇華精製装置に適用され、品質管理と生産効率の向上が図られます。この基盤の上で、来年までに華城工場の生産能力を段階的に拡大し、2030年までに2000億ウォンの売上目標を達成することを目指します。

 

関係者は「高効率な青色発光技術を向上させるため、毎年売上高の10%以上を研究開発費に投資する」と述べ、「会社は卓越した人材と設備投資の拡充を確保するために努力し、OLED材料分野で韓国No.1企業に成長することを集中していく」と述べています。