OLED発光材料市場は、CAGR5.8%で成長し、2028年には24億3,000万ドルに達すると予想


2023.12.04  UBIリサーチ

 

UBI Researchが最近発表した「4Q23_Quarterly OLED Emitting Material Market Tracker」によると、OLEDに使用される発光材料の市場は、2023年の18億4,000万ドルからCAGR5.8%で成長し、2028年には24億3,000万ドルに達すると予想されています。

 

国別に見ると、韓国のパネルメーカーの材料購入額は2023年の11億1000万ドルからCAGR4.2%で2028年には13億6000万ドルに達し、中国の材料購入額は2023年の7億3000万ドルから2028年には10億7000万ドルに達すると予想されています。

 

予測によると、2028年の国別の材料購入比率は韓国が56%、中国が44%となっていますが、中国のパネルメーカーは主に国内用パネルや中国国内でホワイトボックス用パネルを量産しているため、今後パネル出荷が増加しても低コストの材料が使用されることが見込まれるため、中国の発光材料市場の拡大は現在の想定よりもさらに縮小する可能性があります。

 

最後に、UBI Researchは、Samsung Displayの発光材料の購入額は2028年に8億1,000万ドル、LG Displayの5億5,000万ドル、BOEの4億4,000万ドルに達すると予測しています。